メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞週間

国境を超えた価値への奉仕=毎日新聞主筆・小松浩

 今年2月に亡くなった石牟礼道子さんの評論集「花びら供養」(平凡社から昨年8月出版)に、「知らんちゅうことは、罪ぞ」というエッセーがある。

 「高度成長を押しすすめてきたわが国の拝金思想は民意をあやつって、弱者切り捨てが国民性のようになった時代に生まれたのが水俣病である」。人命より企業や国家の利益が優先された水俣病の受難を、石牟礼さんはこう書いた。

 高度成長の世が終わった今なら、うなずく人が多いだろう。だが、その受難の原初から他者の痛みをわが痛み…

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文1954文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  4. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  5. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです