メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

自動翻訳で「言葉の壁」克服

VoiceTra(ボイストラ)の翻訳画面

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 東京五輪・パラリンピック開催まであと2年を切った。訪日外国人観光客は年々増え続け、日本政府観光局によると、2017年には約2869万人に上る。言葉がわからなくても、自動翻訳サービスで円滑にコミュニケーションをとるための方法を紹介する。

 ●スマホに話すだけ

 街を歩いていて、外国語で話しかけられたら--。「外国人観光客とコミュニケーションができるのとできないのでは、いろいろなところで差が出る」。そう話すのは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の隅田英一郎フェロー(63)。「(語学を修めるのは)コストがかかるし、例えば英語だけでいいのか、という問題もある。言葉の壁を克服するには、機械に頼るのが効率的な手段」と強調する。

 NICTは話しかけると外国語で翻訳文を表示し、音声が流れるアプリ「VoiceTra(ボイストラ)」…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです