メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
デジタル

自動翻訳で「言葉の壁」克服

VoiceTra(ボイストラ)の翻訳画面

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 東京五輪・パラリンピック開催まであと2年を切った。訪日外国人観光客は年々増え続け、日本政府観光局によると、2017年には約2869万人に上る。言葉がわからなくても、自動翻訳サービスで円滑にコミュニケーションをとるための方法を紹介する。

 ●スマホに話すだけ

 街を歩いていて、外国語で話しかけられたら--。「外国人観光客とコミュニケーションができるのとできないのでは、いろいろなところで差が出る」。そう話すのは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の隅田英一郎フェロー(63)。「(語学を修めるのは)コストがかかるし、例えば英語だけでいいのか、という問題もある。言葉の壁を克服するには、機械に頼るのが効率的な手段」と強調する。

 NICTは話しかけると外国語で翻訳文を表示し、音声が流れるアプリ「VoiceTra(ボイストラ)」…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1439文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです