メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

21年、政府「現行ルールで」 「今後も目安を」 地方学生、長期化は負担増

首都圏から離れるほど就活生の負担は大きくなる

 政府は15日、現在の大学2年生に当たる2021年春入社の就職・採用活動に関する日程について、関係省庁連絡会議(議長・古谷一之内閣官房副長官補)の初会合を開き、現行ルールを継続することで一致した。今月29日に正式決定する。22年春入社以降については、来年度に会議を開き決める。

 経団連は3年生の3月に会社説明会などの広報活動、4年生の6月に面接などの選考活動の解禁といったルールを定めている。21年春入社からは経団連主導のルール提示の廃止を決めた。一方、大学側からは懸念の声が出ていることから、政府が引き取る形で会議を設けた。内閣官房によると、会議では「急に変更することによる混乱を避ける観点からも維持が望ましい」という意見が大勢を占め、反対はなかったという。

 正式決定後、政府は経団連など約440の経済団体・業界団体にルール順守を要請する。ただ強制力はなく、…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1179文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです