メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

議論、揺れる地方 「ルールなければ長期化」 政府会議、21年春入社は現行

 政府は15日、現在の大学2年生に当たる2021年春入社の就職・採用活動に関する日程について、関係省庁連絡会議(議長・古谷一之内閣官房副長官補)の初会合を開き、現行ルール継続で一致した。今月29日に正式決定する。22年春入社以降については来年度に再び会議を開いて決める。

 経団連は21年春入社から、経団連主導のルール提示の廃止を決めた。一方、大学側からは「学生が混乱する」と懸念の声が出ていることから、政府が引き取る形で会議を設けた。

 関係省庁連絡会議は、内閣官房のほか文部科学、厚生労働、経済産業の各省幹部で構成。ここに産業界代表と…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1249文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです