メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光庁

9月の訪日客5.3%減 5年8カ月ぶりマイナス

関西国際空港第1ターミナル北側エリアで搭乗手続きをする人たち=で2018年9月21日、山田尚弘撮影

 観光庁は16日、9月の訪日外国人旅行者数が前年同月比5.3%減の215万9600人だったと発表した。台風21号の影響で関西国際空港が一時閉鎖されたことや、北海道地震の影響で訪日旅行のキャンセルが相次いだことが響いた。前年同月比マイナスは、東日本大震災の影響が残っていた2013年1月以来、5年8カ月ぶり。

 1~9月の訪日外国人旅行者数は前年同期比10.7%増の2346万8500人。年初から2ケタの伸びが続いていたが、7月以降は西日本豪雨などの影響で増加ペースが鈍化。9月はマイナスになったことで、初の年間3000万人達成に黄信号がともった形だ。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです