メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福知山線脱線

「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記

小椋聡さん(左)と朋子さんは今、自然に囲まれた生活を楽しんでいる=兵庫県多可町で2018年8月8日午後0時1分、生野由佳撮影

 JR福知山線脱線事故(2005年)で重傷を負った兵庫県多可町のイラストレーター、小椋聡さん(49)が、妻朋子さん(50)とともに手記を出版した。朋子さんは、ケアする支援者が被害者と同じような心の傷を負ってしまう「代理受傷」に苦しむ。事故から13年半。夫妻は「苦難の中におり、出口がないと感じている人が『まだ、あきらめなくていいんだ』と思ってもらえれば」と話している。【生野由佳】

 当時住んでいた同県西宮市から大阪の出版社に出勤中だった小椋さんはあの日、マンションに突っ込んだ2両…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです