ステルス戦闘機

ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
F22戦闘機=宮城裕也撮影
F22戦闘機=宮城裕也撮影

 【ワシントン会川晴之】米メディアは14日、米空軍のステルス戦闘機F22がハリケーンの被害を受け、少なくとも17機が大破した可能性があると伝えた。10~12日に南部を襲った大型ハリケーン「マイケル」が、F22が配備されているティンダル空軍基地を直撃したためという。F22の約1割が打撃を受けた形だ。

 F22は米空軍の主力戦闘機。報道による…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文413文字)

あわせて読みたい

注目の特集