個人情報

本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
受信者のパスワードを示した脅迫メール
受信者のパスワードを示した脅迫メール

 本物のパスワード(PW)を記載し、「あなたの恥ずかしい動画を入手した」などと脅して仮想通貨での支払いを求める脅迫メールが横行している。交流サイト最大手の米フェイスブック(FB)などから大規模に流出した個人情報やPWが使われた可能性もあり、警察当局やセキュリティー団体は、要求に応じず、PWを変更するよう呼びかけている。

 セキュリティー情報を発信する一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターなどによると、「仮想通貨を要求する脅迫メール」は、今夏ごろから複数パターンの英文が国内で流通し始め、9月からは日本語でも出現した。コンピューターウイルスを仕掛け乗っ取った▽ポルノを見ている姿を撮影した▽ばらまかれたくなければ、ビットコインを送金しろ--などと脅す内容が特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文791文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集