メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

ボストン美術館跡、賃料半額で公募へ

 入館者数の低迷などで赤字が続き、8日に閉館した名古屋ボストン美術館(名古屋市中区)の入居スペースについて、名古屋市は今月下旬から、博物館か美術館の用途で、民間の利用希望者の公募を始める。15日の市議会経済水道委員会で明らかにした。賃料は従来の半分に下げる。

 入居していた金山総合駅前のビルは市が所有し、計約5400平方メートルのスペースは今年度末に…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです