メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊

聴覚障害者は109人に

 聴覚障害者に対する強制不妊手術の実態を調査していた「全日本ろうあ連盟」(本部・東京都新宿区、会員約1万9000人)は15日、2度目の中間調査結果をホームページで公表した。明らかになった分だけで男女計109人が手術を強制されていたという。6月に発表した70人から39人増えており、調査は今後も継続するためさらに増加する見通し。

 ただし、被害者の多くは記録がなく、旧優生保護法に基づく手術だったかは「確認できない」としている。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです