特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊

聴覚障害者は109人に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 聴覚障害者に対する強制不妊手術の実態を調査していた「全日本ろうあ連盟」(本部・東京都新宿区、会員約1万9000人)は15日、2度目の中間調査結果をホームページで公表した。明らかになった分だけで男女計109人が手術を強制されていたという。6月に発表した70人から39人増えており、調査は今後も継続するためさらに増加する見通し。

 ただし、被害者の多くは記録がなく、旧優生保護法に基づく手術だったかは「確認できない」としている。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文573文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集