メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部入試

昭和大13年から操作 不正認識なく

昭和大の得点操作の流れ

 「受験生の皆様や社会の信頼を損ない、おわび申し上げます」。医学部入試の得点操作を公表した昭和大(東京都品川区)。15日夕に開かれた記者会見には大勢の報道陣が詰めかけ、カメラのフラッシュを浴びた小出良平学長と小川良雄・医学部長が深々と頭を下げた。【飯田憲、伊澤拓也】

 冒頭、小川医学部長は手元のペーパーに目を落とし、2013年から医学部一般試験の2次試験で現役と1浪の受験生に加点する一方、これとは別に同窓生の親族も優遇してきた経緯を説明。得点操作を続けた理由を「現役や1浪の受験生の方が伸びしろが大きいから」、親族の優遇は「親族の方が確実に入学してくれる」などと説明した。

 文部科学省が9月に公表した調査結果では、同大は「不正はない」と回答していた。この点について、小川医…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです