市民団体

北九州市議の訪欧、監査請求へ 視察中に飲酒

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北九州市議会の一部議員が今夏の海外視察で公務中に飲酒する問題があり、弁護士らで構成する市民団体「市民オンブズマン北九州」(吉田素子代表幹事)は15日、視察で公費約800万円が違法・不正に支出されたとして、市への返還を求め11月にも住民監査を請求する方針を決めた。視察では一部議員が昼食時に飲酒する映像な…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

ニュース特集