メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

俳優・市原隼人さん 築地の風情、カメラに

 東京の青山に、通い詰めている場所があるんです。アジトと呼んでいるんですが、カメラマンの事務所なんです。そこには、とてもお世話になっている仲のいい親子がいる。お父さんの杉山芳明さんは写真家で、バンドやアーティストを多く撮影されていて、息子さんはアートディレクターです。通い始めたのは18歳ぐらい。デビュー作の映画を撮影してくれたカメラマンを通じて知り合いました。

 僕は神奈川生まれで、今も地元で暮らしています。学生時代からの友達と過ごすことが多く、東京で遊ぶより…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです