メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 平手友梨奈と下間花梨=中森明夫

映画「響-HIBIKI-」に主演した平手友梨奈 (C)2018映画「響-HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

 映画「響-HIBIKI-」を面白く見た。私の今年のナンバーワン映画だ。15歳の天才少女作家が主人公。芥川賞と直木賞に同時ノミネートされたり、突然、キレて大人を殴ったり蹴ったり……と荒唐無稽(むけい)な物語である(原作は「マンガ大賞2017」大賞受賞作)。アニメ化ではなく、これを実写映画化して成功させたのは、主役に平手友梨奈を抜擢(ばってき)したからだろう。平手はアイドルグループ・欅坂(けやきざか)46の不動のセンターである。昨年末、「紅白歌合戦」で司会の内村光良と「不協和音」を歌い踊り、倒れた娘--と書けば、思い浮かぶだろうか? めったに笑わず、危うく妖しい、憂いを含んだカリスマ性は、かつての山口百恵を思わせる。

 平手友梨奈は「天才」だ。天才役を演じるのではなく、天才がそのまま天才少女を生きたがゆえに、この映画…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです