メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 平手友梨奈と下間花梨=中森明夫

映画「響-HIBIKI-」に主演した平手友梨奈 (C)2018映画「響-HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

 映画「響-HIBIKI-」を面白く見た。私の今年のナンバーワン映画だ。15歳の天才少女作家が主人公。芥川賞と直木賞に同時ノミネートされたり、突然、キレて大人を殴ったり蹴ったり……と荒唐無稽(むけい)な物語である(原作は「マンガ大賞2017」大賞受賞作)。アニメ化ではなく、これを実写映画化して成功させたのは、主役に平手友梨奈を抜擢(ばってき)したからだろう。平手はアイドルグループ・欅坂(けやきざか)46の不動のセンターである。昨年末、「紅白歌合戦」で司会の内村光良と「不協和音」を歌い踊り、倒れた娘--と書けば、思い浮かぶだろうか? めったに笑わず、危うく妖しい、憂いを含んだカリスマ性は、かつての山口百恵を思わせる。

 平手友梨奈は「天才」だ。天才役を演じるのではなく、天才がそのまま天才少女を生きたがゆえに、この映画…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1677文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです