メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

KYB

免震装置データ改ざん 大阪府知事、交換要求へ 影響広がる

 建物の免震装置を製造する油圧機器メーカーKYB(東京都港区)が性能検査データを改ざんしていた問題は発表から一夜明けた17日、全国各地に波紋が広がった。不正な装置が設置された建物は公共施設やマンションや病院など986物件に上っており、批判や不安の声が相次いだ。

 大阪府庁本館にKYB製の免震装置が使われていることを受け、松井一郎知事は17日、「不良品だ。補償してもらう」と述べ、交換を求める考えを示した。

 府庁で記者団の質問に答えた。「震度6強、7の地震で建物が崩壊するようなことはないと聞いている」とした上で、「改修工事の工期を会社と交渉したい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです