メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ

スマホでストップ 匿名相談アプリ普及へ 東京のITサービス社長

スマホに入ったいじめ相談アプリ「ストップイット」を手にするIT会社社長の谷山大三郎さん=奈良市で、中津成美撮影

 学校のいじめ相談の現場で、スマートフォンアプリ「ストップイット」=イメージ・ストップイットジャパン社提供=の活用が進んでいる。既に国内の173校(生徒数計約6万1000人)で導入されており、電話だけの時に比べて相談が増えたケースも。自身も子供のころ、いじめ被害に遭い、アプリの普及を進めている東京のITサービス会社社長、谷山大三郎さん(35)は「教育現場からいじめを無くしたい」と力を込める。

 アプリは2014年に米国で開発された。いじめの被害者や目撃者が匿名でメッセージを送り、受け手の学校…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです