メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際音楽コンクール

入賞3人喜びの声 「身が引き締まる思い」 /東京

 新人指揮者の発掘を目指す「第18回東京国際音楽コンクール<指揮>」(主催・民主音楽協会、後援・NHKなど)の入賞者による記者会見が都内であり、同コンクールで女性指揮者として初めて優勝した沖澤のどかさん(31)など3人が喜びの声を語った。日本人指揮者の優勝も18年ぶり。

 沖澤さんは青森市出身。幼少時からピアノやチェロなどを学んだ。東京芸大に指揮科で入学。国内外の大学院でも研さんを積んだ。優勝について「身が引き締まる思い。プレッシャーも感じるが、自分のペースで勉強を続けていく」と話す。

 2位入賞の横山奏(かなで)さん(34)は札幌市出身。北海道教育大札幌校に声楽専攻で入学し、3年の時…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです