メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ /富山

腐葉土は大地の恵み プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 富山県の新米の、そのまた新米は「富富富」と書いて「ふふふ」といいます。よろしくお見知り置きを。今回ご紹介します「ふようどのふよこちゃん」も、漢字で書いたら「腐葉土の富余子」ちゃんというところでしょうか。「ふようど」は、間違っても「不要土」ではありません。生き物を育てるのに適した、栄養分いっぱいの土を「腐葉土」と呼びます。砂でもなく粘土でもなく、あたたかくて適度な湿り気と空気を含んだ命の源の土です。

 ふよこちゃんは、日本のどこかの里山で生まれ、おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、お兄ちゃん…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです