メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日立製作所

笠戸事業所の比人実習生40人解雇で団交 賃金補償、合意至らず /山口

 日立製作所笠戸事業所(下松市)のフィリピン人技能実習生40人が解雇された問題で、実習生が加入する労働組合「スクラムユニオン・ひろしま」と日立側の第3回団体交渉が16日、下松商工会議所であった。解雇後の賃金補償で合意に至らず、元実習生20人が帰国予定の20日までに、再度団交を開く予定。

 組合の土屋信三委員長は交渉状況について「賃金補償の枠が決まれば妥結の可能性もあるし、だめなら訴訟で決めるしかない」と話した。

 16日の団交後、解雇された元実習生の男性(24)が取材に応じた。男性はマニラ近郊出身で、先月20日付で解雇された。突然の通告を「どうしてこんなことが起きたかびっくりし、とても寂しかった」と受け止めたという。来日前は「世界でも1番の会社」と聞かされていた日立に対して「会社は自社の名前だけ守り、私たちとフィリピンの家族のために何も考えていない。信じるのが難しいが今でもまだ信じたい」と複雑な思いを吐露…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです