メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
象徴として

第3部 美智子さまの歩み/上(その1) 被災者の元へ、早く

東日本大震災後、初めて避難所を訪れ、被災者を励まされた天皇、皇后両陛下=東京都足立区の東京武道館で2011年3月30日午後(代表撮影)

 「そちらで何か分かっていることはありますか」「看護職は何か活動をされていますか」。東日本大震災翌日の2011年3月12日、高知市にいた日本看護協会の元会長、南裕子さん(76)の携帯電話が鳴った。皇后さまからだった。

 災害看護の第一人者である南さんは、皇后さまと20年来の交流がある。被害の全容がつかめない中、被災者の暮らしを案じ、現場の状況を知りたいという必死な気持ちが伝わってきた。

 皇后さまは「被災地に一日でも早く伺ってお見舞い申し上げたいが、今行けば現地に迷惑をかけてしまう。い…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文873文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです