メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第3部 美智子さまの歩み/上(その1) 被災者の元へ、早く

東日本大震災後、初めて避難所を訪れ、被災者を励まされた天皇、皇后両陛下=東京都足立区の東京武道館で2011年3月30日午後(代表撮影)

 「そちらで何か分かっていることはありますか」「看護職は何か活動をされていますか」。東日本大震災翌日の2011年3月12日、高知市にいた日本看護協会の元会長、南裕子さん(76)の携帯電話が鳴った。皇后さまからだった。

 災害看護の第一人者である南さんは、皇后さまと20年来の交流がある。被害の全容がつかめない中、被災者の暮らしを案じ、現場の状況を知りたいという必死な気持ちが伝わってきた。

 皇后さまは「被災地に一日でも早く伺ってお見舞い申し上げたいが、今行けば現地に迷惑をかけてしまう。い…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです