メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 津波対策先送り否定 東電元副社長「必要な手順」 強制起訴公判

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣の公判は16日、東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まった。この日は武藤栄元副社長(68)への質問があり、東日本大震災の3年前に津波対策を「先送り」したとする検察官役の指定弁護士側の主張について「専門家への検討依頼が必要な手順だった。時間稼ぎの発想は全くなかった」と否定した。

 他の2被告は、勝俣恒久元会長(78)と武黒一郎元副社長(72)。武藤元副社長は公判で、対策の先送り…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです