メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

記者失踪 サウジ、沈静化探る 「尋問中死亡」発表か

サウジ、米、トルコの相関図

 サウジアラビア政府を批判してきた米国在住のサウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(59)がトルコで行方不明になった事件は、トルコ捜査当局が15日夜(日本時間16日未明)、イスタンブールのサウジ総領事館を捜索し、館内で死亡した可能性が高まっている。「サウジ当局による殺害」疑惑に国際的な批判が高まる中、サウジのサルマン国王が16日、ポンペオ米国務長官との会談に応じるなど、各国はそれぞれの思惑で事態の沈静化を図る動きに出ている。【福永方人、カイロ篠田航一、エルサレム高橋宗男】

 カショギ氏が今月2日に行方不明になって以降、トルコ当局が館内を調べたのは初めてで、外交特権のある総領事館を捜索するのは異例だ。立ち入りにはサウジ側が同意したとみられ、国際社会の懸念の高まりを受け、事態の沈静化を模索し始めた可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文2020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです