メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

興福寺中金堂どんな建物? 藤原氏、氏寺の中核 300年ぶり復元=回答・花澤茂人

興福寺の中金堂=加古信志撮影

 なるほドリ 奈良のお寺で大きな建物が完成したって聞いたよ。

 記者 世界遺産、興福寺(こうふくじ)の中金堂(ちゅうこんどう)ですね。710年の平城京遷都(せんと)と同時に藤原氏の氏寺(うじでら)として建てられたお寺の核となるお堂ですが、火災や戦乱で焼失と再建を繰り返しました。江戸時代の1717年に7度目の焼失をした後は規模の小さな仮のお堂しか建てられませんでしたが、平成に入って再建の機運が高まり、約30年かけて完成しました。多川俊映(たがわしゅんえい)貫首(かんす)は「興福寺の長年の夢であり、悲願だった」と語っています。今月7日から5日間、盛大な落慶法要(らっけいほうよう)が営まれました。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文898文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです