メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

核燃料サイクル政策

遠藤哲也・元外交官

 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して再利用する核燃料サイクル政策が行き詰まっている。高速増殖原型炉もんじゅが廃炉となり、通常の原発を利用するプルサーマル発電も進まない。政府は保有するプルトニウムの削減方針を打ち出したが、再処理工場が稼働すれば保有量は増えかねない。日本はどうすべきか。

国策国営で継続すべきだ 遠藤哲也・元外交官 

 原子力の強みは燃料をリサイクルできることだ。使い捨てにするなら、有限の化石燃料を燃やす火力発電と変わらない。太陽光発電など再生可能エネルギーは供給が不安定で、一定の原子力発電は今後も続けた方がいい。原子力を続けるからには、その利点を生かす核燃料サイクルを追求すべきだ。

 日本が核燃料サイクルを政策として取り上げたのは1956年。原子力の平和利用を始める黎明(れいめい)…

この記事は有料記事です。

残り4246文字(全文4602文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです