メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大交流

日中平和友好条約40年/下 研究者、中国に活路 予算10年で倍増、世界一の米国に迫る

中国江蘇省無錫の江南大で分子生物学を研究する高暁冬教授(奥)と藤田盛久教授=2018年9月18日、浦松丈二撮影

 「日本とは比較にならないほど恵まれている」。中国の理系トップ校、清華大で宇宙論を研究する博士研究員の島袋隼士さん(30)は目を輝かせる。日本政府は2004年の国立大学法人化から年1%ずつ運営費交付金を削減し、研究者の多くは外部資金を得るための事務作業に追われるようになった。

 中国は対照的だ。「科学技術強国」を目指して研究費を10年で倍増させ、日本の2倍以上、世界一の米国にも迫る。島袋さんは清華大に赴任後、上司の言葉に感激したという。「うちにはお金があるから、どんどん活用して、ステップアップしたらいい」

 個人向け研究費は日本円で約320万円が二つ。給与とは別に月約30万円の生活費補助もある。先月始まっ…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです