メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大交流

日中平和友好条約40年/下 研究者、中国に活路 予算10年で倍増、世界一の米国に迫る

中国江蘇省無錫の江南大で分子生物学を研究する高暁冬教授(奥)と藤田盛久教授=2018年9月18日、浦松丈二撮影

 「日本とは比較にならないほど恵まれている」。中国の理系トップ校、清華大で宇宙論を研究する博士研究員の島袋隼士さん(30)は目を輝かせる。日本政府は2004年の国立大学法人化から年1%ずつ運営費交付金を削減し、研究者の多くは外部資金を得るための事務作業に追われるようになった。

 中国は対照的だ。「科学技術強国」を目指して研究費を10年で倍増させ、日本の2倍以上、世界一の米国にも迫る。島袋さんは清華大に赴任後、上司の言葉に感激したという。「うちにはお金があるから、どんどん活用して、ステップアップしたらいい」

 個人向け研究費は日本円で約320万円が二つ。給与とは別に月約30万円の生活費補助もある。先月始まっ…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1267文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです