メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ジャンヌ・ダルク ニューヨーク支局・國枝すみれ

 勇気ある人に出会うと、砂漠でバラの花を見つけたような明るい気持ちになる。米カリフォルニア州オークランドの女子高生ハガル・カイドさんがそうだ。内戦が続くイエメンからの難民で、イスラム教の教えに従って髪を覆っている。だが、卒業前の自由研究でイスラム社会のタブーとされる「性」に切り込んだ。

 「米国のイスラム教徒は人口の約1%なのに、エイズの患者・ウイルス(HIV)感染者の約2%を占める」。婚前・婚外性交渉を禁じるイスラム社会で感染率が…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです