メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農村の保全、消費者の役割でもある=農業ジャーナリスト・青山浩子

 米の収穫が終わった関東地方にある棚田を訪ねた。頂上から見下ろす400枚近い棚田は圧巻だった。この地では、地元の農家らが棚田保存会を起こし、都市住民にオーナーになってもらうなど、活発な農村都市交流をおこなっている。棚田オーナーとは年会費を納めた消費者が、割り当てられた棚田の作業に参加し、収穫米を得られる仕組みだ。メディアを通じ棚田の存在を知った、環境保全への関心が高い人がオーナーになっているという。

 保存会を率いてきた60代後半の代表の後継者はまだ決まっていない。このまま現れなければ、やがて棚田は荒れてしまうのか。こちらの曇った表情を察知したのか、代表がこう言った。「後継者が現れるかどうかは、国民次第だ」。つまり、棚田を守る意義を理解し、応分の協力をする人々がさらに増えれば、背中を押されて後継者は現れる。農業後継者を生み、育むのは農業者だけでなく、消費者もその一端を担っているという代表の言葉…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです