メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
激動の世界を語る

アジア調査会シンポジウム「米中貿易摩擦と大国の興亡」 新次元の覇権争い

渡辺頼純・慶應大教授

 「米中貿易摩擦と大国の興亡」をテーマにしたアジア調査会主催のシンポジウム「激動の世界を語る」が2日、東京都内で開かれた。パネリストは世界の貿易体制に詳しい渡辺頼純・慶応大教授▽米国政治が専門の久保文明・東京大教授▽宮本雄二・元駐中国大使。司会は「激動の世界を読む」の執筆メンバーで一般社団法人・アジア調査会の五百旗頭真会長。米中それぞれの事情や今後の展開、日本の進むべき道などについて徹底討論した。発言の全文は「アジア時報」11月号に掲載される。

この記事は有料記事です。

残り6437文字(全文6661文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです