メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駿府城

新たな石垣、金箔瓦出土 秀吉の「幻の城」か 静岡

石垣近くから見つかった金箔瓦=静岡市葵区で2018年10月16日午後0時19分、大谷和佳子撮影

 静岡市は16日、徳川家康の居城として知られる駿府城(同市葵区)跡周辺の発掘調査で、豊臣秀吉が家臣に築かせたとみられる天守台の石垣などが見つかったと発表した。市は「これまで存在が確認されていなかった『幻の城』が初めて発見された」としている。

 市によると、駿府城は1585~88年に家康が築城。90年に秀吉の命令で家康が江戸に移り、豊臣方の中村一氏(かずうじ)が入城した。1607年、家康によって再…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです