駿府城

新たな石垣、金箔瓦出土 秀吉の「幻の城」か 静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石垣近くから見つかった金箔瓦=静岡市葵区で2018年10月16日午後0時19分、大谷和佳子撮影
石垣近くから見つかった金箔瓦=静岡市葵区で2018年10月16日午後0時19分、大谷和佳子撮影

 静岡市は16日、徳川家康の居城として知られる駿府城(同市葵区)跡周辺の発掘調査で、豊臣秀吉が家臣に築かせたとみられる天守台の石垣などが見つかったと発表した。市は「これまで存在が確認されていなかった『幻の城』が初めて発見された」としている。

 市によると、駿府城は1585~88年に家康が築城。90年に秀吉の命令で家康が江戸に移り、豊臣方の中村一氏(かずうじ)が入城した。1607年、家康によって再…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集