メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

学生住宅デザインコンテスト 受賞作決定

 建築界の未来を担う人材の育成・支援を目的とした第4回学生住宅デザインコンテスト(主催・毎日新聞社、共催・ヒノキヤグループ、後援・国土交通省、林野庁)は、「100年木造住宅」のテーマに対し、全国の学生から207点の応募をいただきました。10月2日の審査会でグランプリ、準グランプリ、HINOKIYA賞各1点、優秀賞3点、審査員特別賞3点、入選5点が決定しました。受賞作品及び受賞者は次の通りです。(敬称略・順不同)

     <グランプリ>「マチドマのある暮らし」竹内宏輔・久保元広(名古屋大学)<準グランプリ>「100年の塒」田中翔太(京都工芸繊維大学大学院)<HINOKIYA賞>「〓ユニット」兵頭周作・梶川大介・堀内遥平(広島大学大学院)<優秀賞>「四季と暮らす家」片桐彩(東北大学大学院)▽「アマヤドリ」片山美樹(明治大学大学院)・前芝優也(東京都市大学大学院)▽「桟の家」西岡広登(大阪工業大学大学院)・奥村収一(大阪工業大学)<審査員特別賞>「1820 森にある家」溝口芳奈(金城学院大学)▽「大地とくらす家」釜谷潤(東京工業大学大学院)▽「式年遷住 地域に開かれる新築・解体のプロセス」赤川英之・山口睦生(宇都宮大学)<入選>「継承する自邸」姉崎匠(法政大学大学院)▽「柱間の家~人を受け止め、町に応える100年木造住宅~」澤地祐輔(大阪大学大学院)▽「自然に呼応する屋根の家」松本祥幸(大阪工業大学大学院)▽「『間』に浮かび上がる時『間』」大方利希也(明治大学)▽「Reconnecting『空き家とデッキでの暮らし 地方の人々が成長できる空き家デッキ』」Yaputra Brian(中央工学校)

     審査員 手塚貴晴▽粕谷淳司▽黒石いずみ▽永田晶子(毎日新聞社)▽荒木伸介(ヒノキヤグループ)

     (受賞作品は11月下旬朝刊に掲載予定)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
    2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
    3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
    4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
    5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです