メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/6 気温上昇「1.5度」への挑戦

気温上昇・生活や生態系への影響は?

 <くらしナビ 環境>

 産業革命前(1850~1900年の平均)からの世界気温の上昇を「1.5度」に抑えた場合の被害予測などをまとめた特別報告書を、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が公表した。パリ協定の目標「2度未満」と被害の程度はどれほど違い、どんな対策が必要なのだろうか。

 ●0.5度差で被害拡大

 2020年以降の地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」では、被害をできるだけ小さくするために世界の平均…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1576文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです