メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農福連携

注目 担い手不足の解消→業績好転/障害者の就労確保→症状改善

生産したシイタケを選別、包装する精神障害者とその様子を見守る関係省庁の担当者ら=さいたま市桜区の「アスタネ」で2018年7月18日、田中泰義撮影

 農業分野に障害者が就労する「農福連携」が注目されている。農業の担い手不足と障害者の就労機会の確保という双方の課題を解決できる可能性を秘めているためだ。昨年3月、民間が中心となった「全国農福連携推進協議会」、同年7月には都道府県間の連携組織である「農福連携全国都道府県ネットワーク」がそれぞれ発足し、情報共有や相互支援などを進めている。【田中泰義、鈴木直】

 今年7月、全国農福連携推進協議会の呼びかけで、農林水産、厚生労働など関係省庁の担当者約30人が障害…

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです