メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農福連携

注目 担い手不足の解消→業績好転/障害者の就労確保→症状改善

生産したシイタケを選別、包装する精神障害者とその様子を見守る関係省庁の担当者ら=さいたま市桜区の「アスタネ」で2018年7月18日、田中泰義撮影

 農業分野に障害者が就労する「農福連携」が注目されている。農業の担い手不足と障害者の就労機会の確保という双方の課題を解決できる可能性を秘めているためだ。昨年3月、民間が中心となった「全国農福連携推進協議会」、同年7月には都道府県間の連携組織である「農福連携全国都道府県ネットワーク」がそれぞれ発足し、情報共有や相互支援などを進めている。【田中泰義、鈴木直】

 今年7月、全国農福連携推進協議会の呼びかけで、農林水産、厚生労働など関係省庁の担当者約30人が障害…

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです