特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

避難対象、実行は0.32% 愛媛県調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 7月の西日本豪雨の際に避難指示や避難勧告などの対象となった愛媛県内の計94万3158人のうち、実際に避難したのは3031人と全体の0・32%にとどまったことが県の調査で明らかになった。最も緊急度の高い避難指示の対象者でも2・07%しか避難しておらず、県は今後、効果的な情報伝達方法などについて検討する。

 避難情報のあり方などを検討する有識者委員会(会長=森脇亮・愛媛大防災情報研究センター長)の初会合で、7月8日午前8時40分時点の人数として県が示した。調査によると、避難指示対象は11万134人だったが実際に避難したのは2284人。避難勧告対象は65万2812人だったが、避難したのは572人(0・09%)だった。他に自主避難した人が446人いた。

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文424文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集