メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第3部 美智子さまの歩み/上(その2止) 気遣い、国民に親近感 陛下とともに、そっと

日本リウマチ友の会の創立35周年式典に参加し、関係者に声をかけられる皇后さま=東京都内で1995年5月17日(同会提供)

 

 2011年3月、東日本大震災の被害が連日報道される中、皇后さまはいても立ってもいられないようだった。

 「被災地の患者さんは困っていませんか」。震災から4日後、日本リウマチ財団理事の山本純己(すみき)さん(80)に、皇后さまから電話がかかってきた。皇后さまは皇太子妃時代から患者と交流を続けており、薬不足や治療環境の悪化に直面していないかを気に掛けられていた。

 山本さんは「生きるか死ぬかの大災害では、直ちにリウマチ患者への手立てまでは行き届かないのでは」と懸…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1235文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです