メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

「性病は、早く見つければ治療ができる。AV業界外でも性病検査が当たり前になってほしい」と語る夏目ミュウさん=池袋駅前ライフクリニックで、中嶋真希撮影

 「適正AV」に向けての取り組みが進むアダルトビデオ(AV)業界は、撮影時の性病感染を防ぐために出演者が毎月1回の検査を受けている。出演者は「陰性」を証明する検査表を提出し、撮影に参加できる。取り組みへの評価もある一方で、「十分ではない」と指摘する声がある。元AV女優の夏目ミュウさんは今年5月、確実な検査を行うことで性病を早期発見し、治療につなげようと東京・池袋に性病検査専門のクリニックをプロデュースした。なぜ、月1回の検査が十分と言えないのか。その落とし穴とは--。【中嶋真希】

 池袋で飲食店などが並ぶにぎやかな一角に、「池袋駅前ライフクリニック」はある。HIVやB型肝炎、梅毒…

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです