連載

AV問題

毎日新聞デジタルの「AV問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

AV問題

元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「性病は、早く見つければ治療ができる。AV業界外でも性病検査が当たり前になってほしい」と語る夏目ミュウさん=池袋駅前ライフクリニックで、中嶋真希撮影
「性病は、早く見つければ治療ができる。AV業界外でも性病検査が当たり前になってほしい」と語る夏目ミュウさん=池袋駅前ライフクリニックで、中嶋真希撮影

 「適正AV」に向けての取り組みが進むアダルトビデオ(AV)業界は、撮影時の性病感染を防ぐために出演者が毎月1回の検査を受けている。出演者は「陰性」を証明する検査表を提出し、撮影に参加できる。取り組みへの評価もある一方で、「十分ではない」と指摘する声がある。元AV女優の夏目ミュウさんは今年5月、確実な検査を行うことで性病を早期発見し、治療につなげようと東京・池袋に性病検査専門のクリニックをプロデュースした。なぜ、月1回の検査が十分と言えないのか。その落とし穴とは--。【中嶋真希】

 池袋で飲食店などが並ぶにぎやかな一角に、「池袋駅前ライフクリニック」はある。HIVやB型肝炎、梅毒のほか、クラミジアやカンジタなどの検査が匿名で受けられ、翌日以降に結果がわかる。その日のうちに結果がわかる即日検査や、自宅でできる自己検査キットと比べて時間や手間はかかるが、的確な検査が受けられるという。陽性反応が出れば、クリニックを運営する「池袋クリニック」か、分院の「渋谷文化村通りレディスクリニ…

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文2205文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集