メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
欧州歴訪

安倍首相、欧州と米中「橋渡し役」に腐心

ベルギーでのASEM首脳会議出席などに向けスタート

 安倍晋三首相は16日、ベルギーで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議出席などに向けた欧州歴訪をスタートさせた。欧州ではトランプ米政権の保護主義的な通商政策や、中国が掲げるシルクロード経済圏構想「一帯一路」に対する警戒感が広がっている。首相は、欧州と米中両国との「橋渡し役」を担って存在感を発揮したい考えだが、難しいかじ取りが迫られそうだ。【マドリード青木純】

 「日本は自由貿易の旗手として、自由で公正なルールに基づく経済秩序の強化が今こそ重要だと強く訴えたい…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文910文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです