メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州歴訪

安倍首相、欧州と米中「橋渡し役」に腐心

ベルギーでのASEM首脳会議出席などに向けスタート

 安倍晋三首相は16日、ベルギーで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議出席などに向けた欧州歴訪をスタートさせた。欧州ではトランプ米政権の保護主義的な通商政策や、中国が掲げるシルクロード経済圏構想「一帯一路」に対する警戒感が広がっている。首相は、欧州と米中両国との「橋渡し役」を担って存在感を発揮したい考えだが、難しいかじ取りが迫られそうだ。【マドリード青木純】

 「日本は自由貿易の旗手として、自由で公正なルールに基づく経済秩序の強化が今こそ重要だと強く訴えたい…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです