メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア正教会

「米関与」強く警戒 「ウクライナ」独立

ロシア正教会の会議に集まった幹部=ベラルーシ・ミンスクで2018年10月15日、ロイター

 【モスクワ大前仁】ロシア正教会は15日、コンスタンチノープル総主教庁(トルコ・イスタンブール)との関係を断絶すると発表した。東方正教会で最高権威を持つとされる総主教庁がウクライナ正教会の独立を承認したことへの対抗措置で、東方正教会内部の対立と混乱は必至だ。ロシアは米国が一連の騒動に関与し、ロシアの影響力低下を背後で画策していると警戒を強めている。

 ロシア正教会は15日、ベラルーシの首都ミンスクで会議を開き、総主教庁への対応を協議した。その後に声…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文937文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです