メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア正教会

「米関与」強く警戒 「ウクライナ」独立

ロシア正教会の会議に集まった幹部=ベラルーシ・ミンスクで2018年10月15日、ロイター

 【モスクワ大前仁】ロシア正教会は15日、コンスタンチノープル総主教庁(トルコ・イスタンブール)との関係を断絶すると発表した。東方正教会で最高権威を持つとされる総主教庁がウクライナ正教会の独立を承認したことへの対抗措置で、東方正教会内部の対立と混乱は必至だ。ロシアは米国が一連の騒動に関与し、ロシアの影響力低下を背後で画策していると警戒を強めている。

 ロシア正教会は15日、ベラルーシの首都ミンスクで会議を開き、総主教庁への対応を協議した。その後に声…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです