メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡

駿府城跡、豊臣方の「幻の城」天守台の石垣見つかる

豊臣秀吉の家臣が築いたとみられる天守台石垣の発掘調査現場=2018年10月16日午後0時31分、大谷和佳子撮影

 静岡市は16日、徳川家康の居城として知られる駿府城(同市葵区)跡周辺の発掘調査で、豊臣秀吉が家臣に築かせたとみられる天守台の石垣などが見つかったと発表した。市は「これまで存在が確認されていなかった『幻の城』が初めて発見された」としている。

 市によると、駿府城は1585~88年に家康が築城。90年に秀吉の命令で家康が江戸に移り、豊臣方の中村一氏(かずうじ)が入城した。1607年、家康によって再び改修されたため、一…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです