ゲノム解読

ホタル発光能力、1億年以上前に獲得

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヘイケボタル=大場裕一・中部大准教授提供
ヘイケボタル=大場裕一・中部大准教授提供

自然科学研究機構・基礎生物学研究所などが発表

 自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームは、ホタルのゲノム(遺伝情報)を解読し、1億年以上前の白亜紀に発光能力を手に入れたことが分かったと発表した。遺伝子が何度も重複を起こすうち、発光を促す酵素が生まれたという。成果は国際科学誌「eLife」電子版に掲載された。

 同研究所の重信秀治特任准教授と中部大の大場裕一准教授、米マサチューセッツ工科大の研究者らのチームは、日本のヘイケボタルと北米産ホタルのフォティヌス・ピラリスのゲノムを解読した。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集