KYB

「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

不正な装置、全国のマンションや病院、学校など986物件に

 油圧機器メーカーKYB(本社・東京都港区)は16日、地震の揺れを抑える免震用と制振用の装置(オイルダンパー)の性能検査データを改ざんし、納品していたと発表した。不正な装置が設置された建物は全国のマンションや病院、学校など986物件に上る。同社は国土交通省の指示を受け、建物の安全性を検証した結果、「震度7程度の地震にも十分に耐えられることを確認した」と説明している。

 国交省は同日、KYBと子会社のカヤバシステムマシナリー(KSM)に対し、問題の装置の交換計画や再発防止策を報告するよう指示した。また、国交省は、免震装置メーカー88社を対象に検査データの改ざんの有無を調査するよう求め、年内に報告させる方針。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文868文字)

あわせて読みたい

注目の特集