メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

南野先制 大迫は勝ち越し弾 

【日本-ウルグアイ】前半、先制ゴールを決める南野(左)=埼玉スタジアムで2018年10月16日、藤井達也撮影

 サッカー日本代表は16日、埼玉スタジアムでの国際親善試合で、ワールドカップ(W杯)ロシア大会8強のウルグアイ代表と対戦。日本は前半10分、南野(ザルツブルク)の代表戦3試合連続ゴールで先制した。同28分、ウルグアイのペレイロに決められ同点とされたが、36分、大迫(ブレーメン)がゴールを決めて勝ち越した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が54位、ウルグアイは5位。対戦成績は日本の1勝1分け…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文435文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです