メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

南野先制 大迫は勝ち越し弾 

【日本-ウルグアイ】前半、先制ゴールを決める南野(左)=埼玉スタジアムで2018年10月16日、藤井達也撮影

 サッカー日本代表は16日、埼玉スタジアムでの国際親善試合で、ワールドカップ(W杯)ロシア大会8強のウルグアイ代表と対戦。日本は前半10分、南野(ザルツブルク)の代表戦3試合連続ゴールで先制した。同28分、ウルグアイのペレイロに決められ同点とされたが、36分、大迫(ブレーメン)がゴールを決めて勝ち越した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が54位、ウルグアイは5位。対戦成績は日本の1勝1分け…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文435文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです