メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

南野、中島、堂安…世代交代で活性化

【日本-ウルグアイ】ウルグアイに勝利して喜ぶ(左から)堂安、南野、伊東、大迫=埼玉スタジアムで2018年10月16日、宮武祐希撮影

○日本4-3ウルグアイ●(16日、埼玉スタジアム)

 8強入りした今夏のW杯ロシア大会のメンバーで固めるウルグアイにも気後れすることがない。よどみのない流れの先制ゴールは、脈打つ世代交代の波で活性化された日本代表の現状を示した。

 前半10分、左サイドから中島が蹴った縦パスは鋭く正確だった。近いサイドで受けた南野の動きも出色。素早く反転すると右に進んで相手守備陣を振り払い、豪快にゴール左へ蹴り込んだ。

 「体は別に大きくないので、止まった状態でボールを受けるのは難しい。動きながら受けてスペースを使うこ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです