メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

血友病、保因者にも医療を 出産時は母子にリスク

 血友病は血を固めるたんぱく質「凝固因子」が不足し、血が止まりにくくなる先天性の病気で、一般に患者は男性と思われている。だが、遺伝的に素因を持つ女性の「保因者」でも血友病に近い症状が出る人がいる。これら保因者の医療の必要性は、当人も含め周知されていない。どのような対処が必要なのか。

不調なら専門医に/外科手術に注意必要/医療現場も認知不足

 血液内科専門医でもある国立病院機構大阪医療センターの西田恭治感染症内科医長によると、日本の血友病患者は約6000人。保因者は血友病患者の1・6~5倍とされ、国内で推定1万~3万人いるとみられる。

 西田さんによると、保因者の中には凝固因子の活性が低い人がいる。多くは止血に支障はないが、個人差が大…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1410文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです