メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

レーモンド松屋/最上川司=専門編集委員・川崎浩

レーモンド松屋 妄想にロマン見つけ

 歌謡曲の舞台は重要である。波止場の居酒屋なのか、海峡を渡るフェリーなのか……。それにより曲調も変わる。エレキ歌謡のルネサンスを目指すレーモンド松屋の新曲は「クラブジェールのママ」(ユニバーサル)。舞台は「クラブ」。そこの美人(?)ママは着物やドレス姿で客と飲み交わしダンスを踊る。主人公の男は店に2年通い続け、ママを独り占めしたいと神に願うが見向きもされないという設定である。

 レーモンドの地元・愛媛のスナックの間違いではないか、妄想ではないか……。こんな男の昭和的哀感が「ク…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです