メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

長塚圭史 「間口の広さ」に驚き 「セールスマンの死」を演出

「セールスマンの死」を演出する長塚圭史さん=横浜市中区で2018年10月4日、丸山博撮影

 横浜のKAAT神奈川芸術劇場で11月3日に開幕する「セールスマンの死」(徐賀世子翻訳)を演出する。米の劇作家、アーサー・ミラーの代表作で、1949年のピュリツァー賞を受賞した名作だ。日本ではこれまでに劇団民芸や文学座などで上演されている。「最初に読んだのは30歳くらいの頃です。取っつきにくいものだと思っていたのですが、非常に読みやすいと感じました。当時の社会状況を知らなくても、どの時代にも通じる普遍性がある。その間口の広さに驚きました」

 同時に、「これは演出したくないなと思いました」という。なぜか。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです