メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済NEWS

60万キロワット送電網着工 稚内-中川77.8キロ 道北部風力発電 /北海道

 稚内市などで風力発電を行っているユーラスエナジーホールディングスなどが出資する北海道北部風力発電(伊藤健社長)は、約60万キロワットの風力発電用送電網を整備する実証事業に向けた工事を始めた。

 同社によると、稚内市恵北から中川町の北海道電力の施設までの77・8キロを送電線(鉄塔269基)で結び、豊富町に電力安定化のため世界最大級となる72万キロワット時の容量の蓄電池を設置する。2023年3月の完成予定で総事業費は約1000億円。

 資源エネルギー庁の補助事業となっており、風力発電の適地とされながら地域送電網が不十分で発電規模の拡…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです