メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

KYB

免震装置データ改ざん 県内36棟 5市庁舎など /千葉

 建物の免震装置(オイルダンパー)を製造する油圧機器メーカーKYBが性能検査データを改ざんしていた問題で、県内では市川、習志野、市原、浦安、鎌ケ谷5市の市庁舎を含め15市の36棟で不適合とみられる免震装置が使われていたと県が17日、明らかにした。

 県によると、内訳はマンションなど住宅11棟▽病院など医療・福祉施設5棟(2棟は公立)▽教育・研究施設1棟▽ホテルなど宿泊施設3棟--など。

 鎌ケ谷市は2017年6月に完了した庁舎の免震改良工事で、オイルダンパー8基を設置していた。担当者は工事の元請け会社に「一刻も早く交換してほしい」と連絡したといい、「公共の施設なので早急にお願いしたい」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 「感染拡大なら一斉休校を」専門家会議が検討要請 新型コロナ、3地域に区分

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 北九州市で21人の感染確認 新小文字病院のスタッフ17人陽性、外来など停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです