メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建物劣化調査

ドローンで 上部の損傷、見つけやすく 姫路市 /兵庫

建物の劣化調査のためにドローンを飛ばす関係者=兵庫県姫路市西延末で、幸長由子撮影

 高画質のカメラや赤外線カメラを搭載したドローンで空から建物の劣化調査を行う実証実験を、姫路市がドローン空撮会社「アマナビ」(東京都)などと協力して行っている。17日、調査の様子が報道関係者に公開された。調査が実用化されれば、目視で発見しにくかった建物上部の小さなひびや損傷を見つけやすくなり、点検の正確性の向上や効率化につながるという。

 市が劣化調査を委託している業者が市に提案して実現した。市では、老朽化した建物の改修の優先度を決める…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです