メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建物劣化調査

ドローンで 上部の損傷、見つけやすく 姫路市 /兵庫

建物の劣化調査のためにドローンを飛ばす関係者=兵庫県姫路市西延末で、幸長由子撮影

 高画質のカメラや赤外線カメラを搭載したドローンで空から建物の劣化調査を行う実証実験を、姫路市がドローン空撮会社「アマナビ」(東京都)などと協力して行っている。17日、調査の様子が報道関係者に公開された。調査が実用化されれば、目視で発見しにくかった建物上部の小さなひびや損傷を見つけやすくなり、点検の正確性の向上や効率化につながるという。

 市が劣化調査を委託している業者が市に提案して実現した。市では、老朽化した建物の改修の優先度を決めるため、2年前から公共建造物の劣化調査を実施。目視しにくい高所の調査が課題だった。足場を組む方法に比べ、期間の大幅な短縮、コストカットが期待できるという。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです