メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

幕末の江戸を襲った安政大地震の後…

[PR]

 幕末の江戸を襲った安政大地震の後、市内に地震ナマズを描く錦絵が続々と現れた。「万歳楽(まんざいらく)。身の用心。地震除(よ)けの呪(まじな)ひ。家の中に張り置くべし」。こんな文句も記され、地震よけのまじないにもされた▲「鯰(なまず)絵(え)」は分かっているものだけでも250種を超え、ナマズが退治されるさまや逆にナマズが人助けをする図などなどバラエティー豊かである。先の「万歳楽」とは当時の人が地震の時に唱えたおまじないで、鯰絵によく登場した▲「東西南北の柱にはり置けば、家崩れ、壁破るることなし」。地震よけの効験をうけ合うものもあったが、余震の恐怖から逃れるには他にすべのない昔だ。だが現代でも効果のほどはふれ込みを信じるしかない「地震よけ」があった▲聞けば全国986のマンションや病院、公共施設などに設置された免震、制振装置に性能検査データの改ざんがあったという。油圧機器メーカーKYBの発表で、15年間にわたり指定基準を満たさない製品を不正に出荷していたのだ▲地震よけのお札よろしく、建物に装備して地震による揺れを抑える免震、制振装置である。不正のあった装置も「震度7程度に耐えられる」というが、KYBは該当製品をすべて交換する方針を示した。経営へのダメージは大きかろう▲免震装置の偽装といえば東洋ゴムの例もあった。地震対策の製品でなぜ不正が続くのか。まさかメーカーの防災意識が鯰絵の版元並みだとは思わないが、大きく損なわれた「地震よけ」への人々の信頼である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

    3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

    5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです