メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者殺害疑惑 皇太子警護担当ら関与か サウジ法医学者も 米紙報道

 トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者のジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑で、米紙ニューヨーク・タイムズは16日、容疑者と見られる複数の人物がサウジのムハンマド皇太子とつながりがあると報じた。トランプ米大統領は同日、電話で協議したムハンマド氏が事件への関与を「全面否定した」とツイッターに投稿。だが、報道が事実なら今後、サウジ側が予定する発表の信ぴょう性が問われるだけでなく、トランプ政権がサウジ政府を擁護するのも困難になりそうだ。

 同紙によると、トルコ当局が容疑者とする15人のうち、1人がムハンマド氏に頻繁に同行し、他の3人は警…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです