メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者殺害疑惑 皇太子警護担当ら関与か サウジ法医学者も 米紙報道

 トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者のジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑で、米紙ニューヨーク・タイムズは16日、容疑者と見られる複数の人物がサウジのムハンマド皇太子とつながりがあると報じた。トランプ米大統領は同日、電話で協議したムハンマド氏が事件への関与を「全面否定した」とツイッターに投稿。だが、報道が事実なら今後、サウジ側が予定する発表の信ぴょう性が問われるだけでなく、トランプ政権がサウジ政府を擁護するのも困難になりそうだ。

 同紙によると、トルコ当局が容疑者とする15人のうち、1人がムハンマド氏に頻繁に同行し、他の3人は警護担当だったことが目撃情報などから確認された。別の1人はサウジ内務省の高位の法医学者という。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元ソフトバンクの摂津氏が白血病 骨髄ドナー増えること願って公表

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです